【黄昏流星群】6話のネタバレ・感想・視聴率!登場人物全員が泥沼すぎる!

今回は黄昏流星群6話のネタバレと感想をたっぷりお届けします!

物語も後半戦真っ只中な黄昏流星群。

「大人の純愛」と謳っているものの、登場人物らの関係はどんどん複雑に絡み合ってきています。

そこで今回は、登場人物らの関係に新たに進展のあった6話のネタバレと気になる7話をみていきましょう。

この記事のポイント

・完治の浮気を確信する真璃子

・「けじめをつける」美咲と戸浪の関係

・ついに、真璃子に正直な想いを打ち明ける春輝

昼ドラ超えのドロドロ劇・・・

黄昏流星群がFODで配信中!

1分のかんたん登録で黄昏流星群の全放送分を無料で見れちゃいます!

最新話を見逃しちゃった・・・。

過去の放送分をイッキ見したい・・・!

何が何でも無料で全話を見たい・・・!

という方はこちらからどうぞ!

完全ノーリスクで全話分視聴することができますので、ぜひ試してみてください(^^)

※万が一、解約したくなっても1分程度でかんたんにできます↓

>>気に入らなければすぐに解約可能!FODプレミアムの解約方法を紹介!



黄昏流星群6話のあらすじ

引用:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/story/story06.html

目黒栞(黒木瞳)とついに一晩過ごした瀧沢完治(佐々木蔵之介)。真璃子(中山美穂)には、銀行の同期と飲んでいたらタイミングを逃したので、井上秀樹(平山祐介)の家に泊まると電話した。そんな完治を栞は心配そうに見ていた。

翌朝、栞と食事を共にし、清々しい朝を迎えた完治。しかし、帰宅する完治を送り出し、洗濯物を干し始めた栞は体に異変を感じる。一方、家に帰ったもののすぐに出社する完治の姿に途方に暮れる真璃子は、水原聡美(八木亜希子)に夫の浮気は確定的だと打ち明ける。思わず出てしまった完治の携帯電話から聞こえてきた知らない女性の声、表示された目黒栞という名前、そして明らかにおかしい昨晩の外泊…、ここまでハッキリ浮気と分かってしまうと逆に問いただす気にもなれないと真璃子は嘆く。

美咲(石川恋)と日野春輝(藤井流星)の結婚を進めるため両家で顔合わせをすることになり、日野家に出向いた完治たちは、豪華な邸宅や春輝の母・冴(麻生祐未)の厳しい目、凛とした物言いに気圧される。特に、早く孫をと望む冴のプレッシャーに窮屈そうな美咲。帰り道、完治は美咲に戸浪恭介(高田純次)とは別れるのか問い質す。きちんと別れるから心配しないでと答える美咲。

完治が荻野倉庫に出社すると、川本保(礼二)が荒れていた。メインの取引先から契約を打ち切られた、という。完治は融資を頼みにかつての勤め先、わかば銀行へと赴くが…。

引用:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/story/story06.html

黄昏流星群6話のネタバレと感想

完治の浮気を確信する真璃子

引用:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/story/story06.html

たった一人の家族である母親を亡くし、憔悴している栞を放っておけなかった完治。

結局、「同期の家に泊まる」と真璃子に嘘をつき、栞の家に泊まるのでした。

しかし、真璃子は温泉旅行の際に完治に電話をかけてきた栞の声を思い浮かべ、完治の嘘を見抜いていました。

そして、友人である聡美に完治の浮気に確信をついたことを告白しますが、

ハッキリ浮気をしているとわかってしまったから、逆にもう問いただすこともできない

と諦めモード。

問いただすことはつまり、浮気をしていないと信じたいからだ

と言った真璃子の言葉には、

なるほど…

と共感した人もいるのではないでしょうか。

ことなかれ主義である真璃子だからこそ、夫の浮気に確信をついてしまうと何も言えなくなってしまったのかもしれませんね。

「けじめをつける」美咲と戸浪の関係

引用:https://twitter.com/TASOGARE_2018

両家の顔合わせのため、日野家に赴いた完治と真璃子と美咲。

大きな邸宅や春輝の母・冴の手強さに圧巻される3人でしたが、「孫の顔が早く見たい」「結婚したら仕事は辞めてほしい」と言う冴に一番窮屈さを感じていたのは美咲でした。

その帰り道、完治は「戸浪とは別れるのか」と美咲に問いますが、美咲は「けじめをつけるから心配しないで」と答えます。

完治は直接戸浪を尋ね、「娘には関わらないでほしい」と伝えますが、戸浪には「彼女(美咲)の人生を壊す気はない。ただ彼女と時を過ごしているだけだ」と答え、ふいに栞と過ごす時間を思い返した完治は何も言えなくなってしまいました。

さらに、美咲は春輝と式場を見に行く予定の日に「急に金沢へ出張に行かなければいけなくなった」と言い、式場へは真璃子が行くように勧めます。

金沢へ行く前に風邪をひいている様子だった美咲を気遣い、真璃子は荷造りしていた荷物の中に風邪薬を入れようとポーチを開けますが、その中に入っていたのは避妊具でした。

美咲が春輝以外に好きな人がいることに関しては「美咲ももう大人だから」と関与しない真璃子と、それを知っていながら美咲が金沢へ行くことを止めなかった真璃子を責める完治。

そして、「もう(戸浪と別れても)いいだろう」と説得する完治に、美咲は「わかった。じゃあ、お父さんもあの人(栞)と別れて」と交換条件を出すのでした。

相変わらずことなかれ主義を発揮する真璃子と、自分自身も栞と不倫しているにも関わらず美咲が戸浪と関係を持つことを断固否定する完治はどっちもどっちでは…と思ってしまいます。

視聴者が好感と共感を持てる登場人物がいないのも、黄昏流星群の特徴といえます。

ついに、真璃子に正直な想いを打ち明ける春輝

引用:https://twitter.com/TASOGARE_2018

6話で最も進展した関係は春輝と真璃子です。

5話で春輝から不意打ちのキスをされた真璃子は、春輝のことをどこか意識してしまいますが、「いやいや、娘の婚約者だから」と理性を保とうとします。

しかし、美咲が急遽行けなくなってしまった式場見学に春輝と赴いた際に、「僕も他に好きな人がいます。あなたです。」と告白されてしまうのです!

視聴者からすれば「いやいや、婚約者の母親を好きになるなんてありえる?」という意見が一致するようにも感じますが、優しくて顔も綺麗な春輝のような若い男性に告白されるなんて妄想すれば、素敵なことのように思えてしまいます…。

素直な想いをぶつけてきた春輝に「幾つだと思ってるの」と言う真璃子ですが、「人を好きになるのに歳なんて関係ありますか?」という春輝のまっすぐな言葉に何も言えなくなってしまいます。

結局、完治が職場で大怪我を負い救急車に運ばれたという電話に邪魔をされることになりましたが、2人のさらなる関係は次回に期待しましょう!

黄昏流星群6話 みんなの感想は?

6話は春輝と真璃子の関係が進展した分、この2人に関する感想が多かったように思います。

相変わらず「登場人物に誰一人共感できない」という視聴者も多くいますが、だからこそ今後の展開に期待してしまう人も多くいるように感じます!

黄昏流星群6話までの視聴率は?

黄昏流星群6話までの視聴率はこちら。

※最新話についてはデータが出るまで少々お待ち下さい。

【黄昏流星群の視聴率】

放送回 視聴率
1話(10月11日) 7.3%
2話(10月18日) 7.3%(±0)
3話(10月25日) 6.1%(-1.2)
4話(11月1日) 6.5%(+0.4)
5話(11月8日) 6.7%(+0.2)
6話(11月15日) 6.5%(-0.2)
7話(11月22日) ???

 

黄昏流星群の次回予想をしてみた!加速していくそれぞれの恋と、訪れる節目

完治は栞と、美咲は戸浪と、そして真璃子は春輝と、それぞれの関係が進んでいく黄昏流星群7話。

完治は「あの人と別れて」という美咲の言葉を実行するのか、そして美咲は本当にけじめをつけて戸浪と別れるのか、気になりますよね!

また、予告では遊園地で仲良くデートしている真璃子と春輝ですが、その成り行きも非常に気になります。

来週も黄昏流星群から目が離せませんね!

まとめ

ということで、今回は黄昏流星群6話のネタバレ・感想・視聴率についてお届けしました。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

こちらの記事も面白いので合わせて読んでくださいね!



コメントを残す

CAPTCHA